ショックな一言からの口臭予防方法

ショックな一言からの口臭予防方法

中学生の入学初期ころ、口臭に気をつけたことがありませんでした。朝起きて、歯を磨き、そのあと朝食を食べて牛乳を飲み、学校へ行くのがルーティーンでした。
ところがある日、友人から「口が臭い。口から腐った匂いがする。」と言われたのを私は今でもショックで忘れることができません。

その時、私は寝坊をして歯を磨き牛乳を飲んで慌てて家を出たのです。
おそらく、牛乳を飲んでから、そのあとお茶も飲まず授業を受けていたのでしょう。
牛乳を飲んでお茶を飲まず数時間経った口はとても臭いことをその時学びました。

人は言われて初めて気付くことができることも学びました。
それ以降、私はご飯を食べて牛乳を飲んでから歯を磨くことを徹底しています。
それは今でも変わらず、しかも自分が執拗に気をつけているからか、他人の口臭まで気になるようになりました。

他に気をつけていることは、シトラス系のガムを噛んで口内をスッキリさせたり、頻繁にうがいをしたり、マスクをつけて他人の近くに自分の息が行くのを防いだらしています。
今では、私の口が臭いと言ったどストレートな友人に感謝しています。